それぞれのランクと料金

柵にもたれる女性

たくさんのソープ店が集まっているソープ街は、吉原のソープ街が最も有名ですが、雄琴にも同じようにソープ街が存在しています。
風俗ファンの男性たちの間では吉原や川崎のソープ街だけでなく、雄琴のソープ街も人気になっており、様々な人が雄琴の温泉だけでなくソープも堪能しています。
ソープには大衆ソープから高級ソープまで様々なランクが存在しており、先ほども少し触れているようにランクによって料金なども変化してきます。
そのため、自分の予算に合ったお店を選ぶことができるのですが、具体的にどのようなランクがあり、どのような料金設定になっているのか知っておきたい人も多いことでしょう。

ソープランドのランクは大きく分けた場合は大衆、中級、高級という分け方になります。
細かく分けた場合は激安、格安、大衆、中級、高級、超高級というように、六つに分けていくことができます。
激安や格安のソープは料金が総額1万円程度や1万円代からの設定になっていることが多く、最も気軽に利用することができるお店になっています。
大衆店は総額2万円代から、中級店なら総額3万から4万円程度、高級や超高級店なら総額5万円から7万円代、もしくは8万円代からの設定になっていることがほとんどです。
ですが、高級ソープの中にはこれ以上の利用料金になっていることもあるので、あくまでもこの料金設定は目安になります。
雄琴などの地にある高級ソープは最も利用しにくい料金ですが、その分、サービス内容もとても濃厚になっているので濃厚なサービスを体験したい人にはオススメです。
それぞれのランクと料金をしっかり覚えて情報を集め、自分が利用しやすいと感じるお店でソープ遊びを体験しましょう!